千の華

千の華
千の華

西郷隆盛公がよく訪れたと言われる鹿児島県最古の温泉である日当山温泉の温泉水を割水に使用した焼酎です。

2次仕込み時に、添え黄麹をすることでより一層したまろやかな甘みのある芋焼酎に仕上がりました。  

 

 

千の華こだわりの飲み方

 

本格焼酎は原料ならではの、香りや風味、味わいに特徴があり、銘柄ごとに個性があります。また、お湯割りやロック・水割りなど飲み方が自由なところも焼酎を楽しむ醍醐味かもしれませんが、こだわりの飲み方をご紹介いたします。

 

 

 

ストレート

焼酎本来の味・香りをたのしむには、常温でのストレートがお薦めです。

注ぐ前に瓶をちょっと振って、瓶の中を均一な状態にしてから注ぐといいです。

 

ロック

ロックグラスに大きめの氷いれてその上から焼酎を注ぎます。

まず氷にこだわってください。日当山の温泉水 SENGOKU(原酒の割水に使用された水)で造ります。割水で使われた水を使うことでよりまろやかになります。

氷にゆっくりとあてるように常温の焼酎を冷やしながら注ぎます。濃く深い味わいの焼酎をとけた水でゆっくりなじませて飲みます。

 

水割り

まずはみずにこだわります。日当山の温泉水 SENGOKU(原酒の割水に使用された水)をお使いください。

焼酎を先に注ぎます、そこに水をゆっくりと足していく、そしてかき混ぜないことことです。焼酎より水の方が比重が大きいため、水が沈み自然に焼酎が上に対流して混ざり合います。水割りの場合氷を使うのが一般的ですが、焼酎も水も冷やしておき、氷を使わないのもお薦めです。氷が溶けて薄くならないので作った時のバランスで美味しく飲めます。

 

お湯割り

お湯割りは、焼酎の本場 鹿児島でも最も基本的な飲み方として普及しております。本格焼酎の“味わい”と“うまさ”を際立たせ、本来の風味がやわらかく花開き、まろやかな飲み口を楽しめるからです。

小さめのグラス(150cc)に7080度ぐらいのお湯を注ぎます。後から、焼酎をゆっくりとお湯の上におくように注ぎます。

先にお湯を入れることにより自然と対流ができるので混ぜる必要がありません。4045℃の風味ある焼酎が味わえます。

 

前割

 

洗って乾燥させた容器または、半分位飲んだ焼酎瓶をつかって、馴染みやすい日当山の温泉水 SENGOKU(原酒の割水に使用された水)で、割ったものをゆっくりと振って馴染ませて冷暗所で保管し、一日後(お好みの日数)とかに飲みます。一段とまろやかになります。それを人肌に温めて飲むのもお薦めです。(燗付け)

 

※ご注意 

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。

お酒は20歳になってから。

飲酒運転は法律で禁止されています

妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。